葬儀を千葉で執り行う方のために通夜の流れを紹介

はじめての葬儀~千葉編~

Google

葬式の1日目に行われるのが通夜です。今回は通夜の流れについて紹介していくため、葬儀を千葉で執り行う方はご参考ください。

葬儀を千葉で執り行う方のために通夜の流れを紹介

今回は葬儀を千葉で執り行う方のために通夜の流れを紹介していきます。

準備から受付、着席から僧侶見送り、挨拶から棺守りまでの流れが気になる方はご参考ください。

■準備から受付まで■

千葉の葬儀社に依頼したときは、会場の設営などを代わりに行ってもらえます。

礼状や返礼品、受付、会計などの準備は葬儀社との打ち合わせ時に相談できます。

受付には受付係と会計係の2名を準備してください。

通夜は18時~19時頃から開始されるのが一般的となっています。

参列者の受付は通夜開始30分前から行えるように準備しておきましょう。

■着席から僧侶見送りまで■

通夜開始前に着席案内があります。

着席後は葬儀社の案内により、僧侶が入場して通夜が開始されます。

僧侶の読経は30分ほどの時間が目安です。

僧侶または葬儀社の案内により焼香が開始されます。

焼香後は僧侶より法話が行われる場合がありますので、良く聞いておきましょう。

法話が終わり次第、僧侶が退場しますので見送りしてください。

ケースによっては法話なしで僧侶退場へと進むことがあります。

■喪主による挨拶から棺守りまで■

僧侶を見送りした後は、喪主が挨拶を行います。

挨拶と合わせて2日目の告別式の案内も行うと良いでしょう。

挨拶後に行われるのが通夜ぶるまいです。

飲み物や料理などで通夜の参列者をおもてなしします。

通夜ぶるまいが終わった後は、遺族だけの時間となります。

遺族は夜通し故人に付添する棺守りを行いますが、2日目の告別式のことを考えて無理はしないでください。

記事RANKING

MENU