千葉で葬儀を考えている方のために告別式の段取りを紹介

はじめての葬儀~千葉編~

Google

2日目に行われる葬儀・告別式の段取りについて紹介していきます。準備から受付、着席から閉式、出棺までの段取りが気になる方はご参考下さい。

千葉で葬儀を考えている方のために告別式の段取りを紹介

葬式は1日目の通夜と2日目の葬儀・告別式とに分かれています。

通夜は18時~19時頃、葬儀・告別式は午前中にはじまるのが一般的です。

通夜は葬儀の前におこなう儀式、葬儀は弔う儀式、告別式はお別れの儀式となります。

最近では葬儀と告別式と一緒におこなうケースが多くなりました。

今回は千葉で葬儀を執りおこなう方のために告別式の段取りを紹介します。

■準備から受付まで■

当日に千葉の葬儀社と「告別式の内容」「火葬場に行く人数」「火葬場へ行くためのバス」などの確認を行います。

通夜で香典を渡している人の場合、告別式の受付では記帳だけを行います。

告別式だけ参列する人の場合は、受付で香典を渡して下さい。

通夜同様、告別式でも受付は受付係と会計係の2名を配置するのが望ましいです。

■着席から閉式まで■

遺族と参列者は時間前に着席します。

時間になると葬儀社の案内により僧侶が入場し、読経が始まります。

宗派によって異なるものの、読経の時間は40分~60分ほどが目安です。

弔辞・弔電後に僧侶が読経を始めます。

僧侶からの指示がありましたら焼香を行って下さい。

焼香の順番は喪主→遺族→親族→参列者でおこなうのが一般的です。

焼香が終わり次第、僧侶が退場しますので見送りして下さい。

葬儀は開式から親族の焼香まで、告別式は参列者の焼香から閉式までと考えるのが一般的です。

■お別れの儀から出棺まで■

閉式後にお別れの儀がおこなわれます。

火葬場へ出棺する前に、棺へ花などを入れて故人の方とのお別れをおこなう儀式です。

お別れの儀の後に出棺がおこなわれます。

棺を霊柩車へ運んだら、遺族代表があいさつを行います。

あいさつが終わり次第、火葬場への出棺です。

記事RANKING

MENU